2010年03月27日

<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)

 講談社は24日、隔週情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を、6月8日発売号で休刊すると明らかにした。

 両誌は首都圏と関西圏の主に若者向けエンターテインメント情報誌として97年11月、99年3月にそれぞれ創刊した。最大発行部数は創刊当初の33万部と35万部。同社広報室によると、インターネットなどメディア環境の激変や読者のライフスタイルの変化に伴い、最近は共に約8万部まで落ち込んでいた。

【関連ニュース】
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
注目リリース:ポニーキャニオン、TVアニメ「FAIRY TAIL」のDVD第3巻を発売
今週の新刊:「一歩」「メジャー」マガジン、サンデーの人気作 ドラマ化「ヤンキー君」も
ラブプラス:各ヒロインのドラマがマンガ化 少年ライバルなど講談社5誌で連載
注目リリース:ポニーキャニオン、TVアニメ「FAIRY TAIL」のDVD第2巻を発売

【いきいき】絵地図師・散歩屋 高橋美江さん(産経新聞)
<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)
海や山は大荒れ、警戒を=連休は低気圧接近−気象庁(時事通信)
20代警察官、エロ本16冊を不法投棄し罰金(スポーツ報知)
ブーツにナイフ携帯 逮捕のシー・シェパード元船長(産経新聞)
posted by ダビデブー at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える(医療介護CBニュース)

 一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトと財団法人日本対がん協会、NPO法人キャンサーネットジャパンは3月21日、東京都内で「オンコロジードリームチーム・キックオフ・フォーラム」を開催した。がん患者やその家族、これまで「がん医療」について考える機会がなかった人々が集まり、理想とする「がん医療」について共に考えるというもので、参加者は400人を超えた。

 フォーラムではまず、「日本の医療の現場からがん医療を考える」をテーマに、医療者、患者それぞれの立場からの基調講演が行われた。
 埼玉医科大国際医療センター腫瘍内科の佐治重衡准教授は、「医療者がどんなに手を尽くしても患者自身が理解して参加してくれないと患者中心の医療は機能しない」と述べ、双方が役割を果たす必要性を強調。そのためには、「患者になる前の方への教育が大事だ」と主張した。また医療者についても、医師数増加よりも、医師をどう育てるかの議論や、優秀な若い医師を育てることの必要性を指摘。また、「暗い医療者に診てもらいたい患者さんはいない」とし、自分たちが胸を張って、やりがいのある素晴らしい仕事をしていると言えるように、「楽しく働くことが大事だ」と述べた。
 がん体験者でキャンサー・ソリューションズの桜井なおみ代表取締役は、患者中心の医療とは「決して患者様と呼ばれることではない」と指摘。医師は患者にとって必要な情報を提供し、患者は自分や家族がどうしたいのかを医師に伝えて「意思決定の共有化」を図ることが患者中心の医療実現には必要とし、「これが今患者中心の医療で一番欠けていることであり、患者が医者のためにできることではないかとわたしは信じている」と述べた。

 続いて、がん体験者でもあるテキサス大M.D.アンダーソンがんセンター腫瘍内科の上野直人教授は、「なぜ今“思いや夢を語ること”が大切なのか」をテーマに基調講演した。
 上野氏は、自らの考えをよく話すタイプの人は話を聞く姿勢を、なかなか思いを語らないタイプの人は意見を主張する姿勢を身に付けた上で、夢を語り合うことで、共有できる夢が見えてきて、チームができるとし、「これはとても時間がかかることだが、それを続けるとがん医療の方向性が見えてくる」と述べた。

 TBSテレビの「ニュース23」のキャスターの膳場貴子氏が司会を務めたパネルディスカッション「私の夢MyDreamから私たちの夢OurDreamへ」では、佐治氏らのほか、東大医学部付属病院緩和ケア診療部の岩瀬哲副部長と、がん体験者で作家の岸本葉子氏が登壇し、がん医療を取り巻くさまざまな問題点やその解決策などについて議論した。

 最後に会場に集まった全員が参加してドリームメイキング・セッション「伝えよう、がん医療のマイ・ドリーム」を実施。それぞれが厚紙に自分の思いや夢を書き、互いに語り合った。岸本氏は「医療者と協働(でがんサポート)」、岩瀬氏は「がん医療でもかかりつけ医を」を掲げ、会場からは「納得のいく『肉腫診療』が提供される日本」や、「個々の患者さんにより良い治療を提供する!」などの夢が紹介された。


【関連記事】
2011年度のがん対策に向けた提案書を了承
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」
疼痛ケア「受けたことない」が約6割
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」

<エレベーター事故>運輸安全委に昇降機部門新設(毎日新聞)
自民同士で神経戦!? 参院千葉に出馬予定の猪口、椎名両氏(産経新聞)
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請−裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)
あるか政権浮揚策 カギ握る仕分け、普天間移設(産経新聞)
<保育所待機児童>4万6058人に増加 厚労省発表(毎日新聞)
posted by ダビデブー at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日、昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での「コペンハーゲン合意」に関し「成功に終わったとは言えない。この悔しさをバネにメキシコでのCOP16は、法的な文書に高めていく必要がある」と述べた。今年末にメキシコ・カンクンで開かれる同会議で、京都議定書に代わる新議定書を定めるべきだと意欲を示した。日本国際問題研究所主催のシンポジウム「東アジア共同体の構築を目指して」でのあいさつで語った。首相は同共同体構想に関し「日米安保が軸」との認識も示した。【中島和哉】

【関連ニュース】
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承
鳩山首相:政治とカネ「率直に反省」
トキ:襲撃対応を急きょ追加指示 首相
鳩山首相:贈与税3470万円を納付
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示

<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
隠れ大イチョウ、根付き可能性は「90%」(読売新聞)
<チューリップ>東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出(毎日新聞)
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否−静岡大(時事通信)
<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)
posted by ダビデブー at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。