2010年01月09日

<子ども手当>税滞納分差し引き支給、群馬・太田市が撤回(毎日新聞)

 「子ども手当」の地方負担に反発し、市民税などの滞納者には市の負担分を差し引いて支給することを検討していた群馬県太田市の清水聖義市長は8日、差し引き支給の考えを撤回した。

 記者会見で「子どもという『人質』があるので支払うことにする」と述べた。現行の児童手当法は15条で手当の差し押さえを禁じており、政府が10年度から実施する子ども手当の根拠法にも同様の規定が盛り込まれる見通し。差し引き支給は法令違反になる可能性が強く、断念したとみられる。

 清水市長は「子ども手当は、福祉(が趣旨の)手当なのか、経済(活性化が趣旨の)手当なのかはっきりせず、戸惑っている。経済手当なら未納者からの差し引きがあっても当然だと思う。国の方向性を見守りたい」と話した。【佐藤貢】

【関連ニュース】
子ども手当:負担額で保育園建設 三重・松阪
子ども手当:神奈川知事がボイコット撤回
福島少子化担当相:仏をモデルに「子ども基金」創設模索
子ども手当:11市「地方負担応じぬ」…東海70市を調査
子ども手当:神奈川知事「負担しない」

otonaの事情
ひろしのブログ
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
債務整理・自己破産
posted by ダビデブー at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。